NEWS

プレスリリース

透明な金融で信用情報のオープン化を目指すCrezit株式会社、プレシードラウンドにて7,000万円の資金調達を実施

Crezit

Crezit株式会社(代表取締役:矢部 寿明、以下Crezit)は、プレシードラウンドにてジェネシア・ベンチャーズ(代表取締役:田島 聡一、東京都港区)が運営するGenesia Venture Fund 2号投資事業有限責任組合をリードインベスターとして、インキュベイトファンド(代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介)が運営するインキュベイトファンド4号投資事業有限責任事業組合を引受先とした第三者割当増資を実施し、約7,000万円の資金調達を完了致しました。


■Crezitの事業について
当社は「想像力と可能性を自由に拡大できる社会を創る」をミッションに、主にデジタルネイティブ世代を対象とした金融サービスを展開していきます。個人に向けた信用供与の主体が既存金融機関から分散化していく中で、消費者信用市場にまつわる仕組みをアップデートし、次世代における個人のための金融インフラになることを目指して参ります。


■Crezit設立の背景
当社が事業展開していく消費者信用市場は、消費者向け貸付残高約10兆円*1、販売信用残高約29兆円*2に上る非常に大きな産業です。しかしながら、その根幹を担う個人信用情報にまつわる仕組みや関連法制度は非常に固定的で、依然としてレガシーな体制が続いています。
テクノロジーによって商流や決済の在り方は加速度的に変化する一方で、その裏側を担う金融や信用とのギャップによって、個人が負う機会損失の総和が増えていくと私たちは考えています。
当社は、コンシューマー向け金融サービスを切り口として、信用情報のオープン化、そして国内外に関わらず、人々の働き方や経済圏が細分化・多層化していく時代に求められる個人のための金融インフラサービスの構築に取り組んで参ります。

*1 貸金業協会「月次統計資料」より

*2日本クレジット協会「クレジット関連資料」より


■今後の展開について
今回調達した資金を元にプロダクトリリースに向けたチームの強化を積極的に進めて参ります。私たちが目指すものに少しでも興味をお持ちいただけましたら、是非下記ページからご連絡ください。

Crezit株式会社採用ページ
https://crezit.jp/careers/


■引受先からのコメント
ジェネシア・ベンチャーズ GP
田島 聡一氏
中国のAlipayや芝麻信用などはこれまでの金融の在り方を大きくupdateしましたが、日本における消費者信用は長年変化が乏しい状況にあり、またデジタルネイティブが今後の経済を支えていく中で、ここのギャップに大きな事業機会を感じていました。今後の消費者信用の在り方について矢部さんと議論する中で、方向性としての一致を感じ、出資させていただくことを決めました。

インキュベイトファンド 代表パートナー
本間 真彦氏
非正規雇用者数が既に2000万人を超える日本社会。フリーランス、リモートワーク、シェアリングサービスで働く人も増加する一方です。新しい働き方や生き方を志向する人たちに対して、新しいクレジットスコアリングの仕組みと、それをベースにした新しい金融サービスは、これからの日本社会に必須と考えます。Crezit社と矢部さんはそれを実現できる可能性を十分に持っていると思っています。


■代表プロフィール
矢部 寿明
Crezit株式会社 代表取締役社長
1993年生まれ。慶應義塾大学卒業後、GE(ゼネラル・エレクトリック・カンパニー)に入社。ファイナンスのリーダー育成プログラムであるFMPに所属し、北アジア3ヶ国のファイナンス業務などに従事。2018年3月よりBASEへ入社。責任者/プロダクトマネージャーとして金融子会社BASE BANKの立ち上げ、将来債権譲渡のスキームを活用した「YELL BANK」の企画・開発や融資事業の立ち上げなどを行なう。2019年2月に退職し、Crezitを創業。


■会社概要
会社名:Crezit株式会社 (Crezit, Inc.)
代表取締役社長:矢部 寿明
設立日:2019年3月8日
WEB:https://crezit.jp


■本リリースのお問い合わせ先
MAIL:info@crezit.jp